婦人

質の高い工事を行うコツ

複数の業者の見積もり内容を総合的に考えて発注先を決めるのが、質の高いマンション大規模修繕工事を実施するための基本です。標準的な施工内容に加えて耐震補強工事を実施したり、アンケートを通じて住民の意見も取り入れるのが理想的です。

作業員

大規模メンテナンスとは

耐久性が高いとされるマンションでも劣化は必ず起こります。資産価値を維持するためにも10年から15年に一度は大メンテナンスであるマンション大規模修繕を行うことが推奨されています。マンション大規模修繕を行う業者を選ぶ際には複数の業者に見積りを依頼し各々しっかりと説明を聞いてから決定することが肝心です。

集合住宅

適正価格かをチェック

マンション大規模修繕には大きな費用がかかり、次のマンション大規模修繕にも費用を残しておくためにも確実な施工を適正価格でしてもらうことが大切です。そのためには施工会社と無関係のコンサルタント会社を利用すると良いでしょう。

木のマンション

修繕費の概算金額

マンション大規模修繕の平均価格は1戸当たり100万円程度にあっていて、毎月積みたてる修繕費は75平方メートルの専有面積では15,000円が平均です。マンションの設備によって金額が増えることがあるので修繕費の設定には注意が必要です。

マンションの修繕に関して

ヘルメットを持つ人

一般的な修繕の進め方

新築のマンションも経年劣化により、外壁にひび割れ等が発生し、雨水の浸水が起こる可能性が高まります。そうなれば、マンションでの生活に不自由が生じるだけでなく、マンションの資産価値の下落にも繋がります。この為、分譲マンションでは、マンション大規模修繕の為の修繕積立金が積み立てられ、おおよそ10年〜15年ごとに外壁を中心とした修繕を行います。分譲マンションには管理組合が設立されており、管理組合が主体となり、マンション大規模修繕計画を立案、策定することになります。修繕にはマンションの規模によっては、1億円を超える予算が必要な場合もあり、専門的な知識も必要であることから、マンションを管理している管理会社と協力して、修繕計画を進めるケースが多くなります。管理組合は、管理会社とともに、マンションの外壁等を調査し、必要な修繕個所を判別し、いくつか見積を取得し、それを元に区分所有者と議論を重ね、長期的な視野に立ったマンション大規模修繕を進める必要があります。修繕が決定し、工事を実施する際には、騒音や通行の不便さが発生する場合もあるため、マンションや近隣の方々の生活にできうる限り支障がないよう慎重に行う必要があります。このような段取りを得て、マンション大規模修繕を行うことで、マンションでの安全な生活、資産価値の維持が保たれることになります。スムーズに計画を進めるために、修繕を開始する何年も前から、計画を進めていくことが大切であると考えられます。また、定期的にエレベーターの保守点検などを行なうことを推奨します。日頃からメンテナンスなどをしておけば、大幅修繕の対象から外すことが出来るからです。保守点検を定期的に行なうことで住民の安全を守ることが出来るので是非、行ないましょう。

PICK UP

婦人

質の高い工事を行うコツ

複数の業者の見積もり内容を総合的に考えて発注先を決めるのが、質の高いマンション大規模修繕工事を実施するための基本です。標準的な施工内容に加えて耐震補強工事を実施したり、アンケートを通じて住民の意見も取り入れるのが理想的です。

作業員

大規模メンテナンスとは

耐久性が高いとされるマンションでも劣化は必ず起こります。資産価値を維持するためにも10年から15年に一度は大メンテナンスであるマンション大規模修繕を行うことが推奨されています。マンション大規模修繕を行う業者を選ぶ際には複数の業者に見積りを依頼し各々しっかりと説明を聞いてから決定することが肝心です。

集合住宅

適正価格かをチェック

マンション大規模修繕には大きな費用がかかり、次のマンション大規模修繕にも費用を残しておくためにも確実な施工を適正価格でしてもらうことが大切です。そのためには施工会社と無関係のコンサルタント会社を利用すると良いでしょう。

木のマンション

修繕費の概算金額

マンション大規模修繕の平均価格は1戸当たり100万円程度にあっていて、毎月積みたてる修繕費は75平方メートルの専有面積では15,000円が平均です。マンションの設備によって金額が増えることがあるので修繕費の設定には注意が必要です。

工事現場

中小規模の建物向けの工事

中小規模の建物でマンション大規模修繕工事を実施する時には、所有形態などの個別の事情に合わせて、施工プランを選ぶことが肝心です。家賃収入を増やしたり資産価値を高めることが最も重要であり、作業に入る前に住民やオーナーが施工内容を理解するべきでしょう。