青い家

圧倒的に最安値が低い

一戸建て住宅を建ててくれる会社はかなり多く存在しています。最近では、一昔前に比べると圧倒的に安い金額で建てることができます。夢のマイホームがつかみやすいといえます。

利用するには

土地を所有している場合、その土地を生かすには様々な方法があります。例えば、マンション経営です。その他にも老人ホームや商業施設など多くの人が利用できる施設にする方法もあります。

情報サイトを活用

国内においては少子化が進んで来ており、総人口は減少傾向となっているのですが、賃貸物件や新築物件などさまざま建物が建設されています。住まいのニーズに合わせて購入できます。

自然がうれしい

キャンプに行ったことがあるでしょうか。清々しい朝や、外で食べるご飯は美味しいものです。 これこそが自然素材の家の基本の形だと思います。 大地が床で雑木林が壁そして、空が屋根でしょう。 自然素材の家を建てる事それは、家が自然の一部であるといえると思います。 壁には珪藻土や漆喰などの素材を使い、軸組みには天然木、床には無垢の木。 これだけで十分自然素材の家になります。 そしてこだわるのであれば、和室の畳や障子襖といった日本の文化を取り入れたいものです。 畳のイ草の香りや和紙を使った障子、襖などこれも自然素材でしょう。 自然素材のいい所は住む人間にも優しく、環境にもやさしい所ではないでしょうか。 スローフードならぬスロー住宅。

できれば地元の木や壁になる材料などを使い、本当の意味の自然素材の家を建てたいものです。 地元の木を使うことは、つまり誰よりも地元の気候を知っている木が住人を守ってくれます。 地元の土からできる壁もまた然り。これほど心強い建物に守られる安心感は他に無いのではないでしょうか。 そして自然素材を使うと、それだけで湿気を溜め込み乾燥した時に湿気を吐き出す効果も得られます。 さらに和室の畳や障子や襖も吸湿効果があるので、まさに相乗効果を得られます。 畳などは表が痛んだ場合裏にして使えたり、障子も張替えが可能なのでコストもさほどかかりません。 壁も珪藻土など剥がれた場合自分で補修可能です。 全てに対して優れているのではないでしょうか。自然素材の家を建ててみてはどうでしょう。