適正価格かをチェック

集合住宅

前もった準備が大切

新築から30年以上経過したマンションは、そろそろマンション大規模修繕が必要になってきます。マンション大規模修繕のためにマンションの管理組合では住人から修繕積立金を積み立てていて、最初のマンション大規模修繕のときにはかなりの金額が積みたてられています。マンション大規模修繕にかけられる費用がたくさんあることから、業者からの見積もりをそのまま鵜呑みにして修繕してもらうと次のマンション大規模修繕までに修繕箇所が多くなってしまい、積立金が不足してしまう危険があります。そこで適正な価格でマンション大規模修繕をしてもらうように注意するようにしてください。管理組合の中にはマンションの修繕に関して知識を持っている人がいることは少ないため、業者とは繋がりのないコンサルタント会社に入ってもらうことをお勧めします。コンサルタント費用は当然かかるものの修繕内容や金額が適正価格かを判断してもらえますので、より安価な修繕費用で確実な施工をしてもらえます。マンション大規模修繕がはじまると、周辺住人からの音や振動といったクレームを受けうことがあります。管理組合では周辺住人に対して、工事の時期や内容についてしっかり周知させておくようにしてください。そして、マンション大規模修繕中は、スケジュールや計画に従った施工がされているかをチェックすることも大切です。見るだけではわからないことも多いので、毎月の施工実績を提出してもらうように取り決めておくことも大切です。